クレームやトラブル どうやって避ける?

kjdnjksf

kjdnjksf

保育園で日中どのような事が行われているのか、
子ども達の様子はどうなのかといった部分は、
保護者の方には見えない部分ですよね。

そのような見えない部分があると、保護者は不安を持つことになります。

 

その不安が不信や不満に繋がり、
結果クレームであったりトラブルなどにも繋がってくるんですね。

このような事を避けるためには、
見えない部分を減らしていくという配慮が必要になります。

 

これは、保育士だけでなく看護師にも求められることなんですね。
送り迎えの際に子ども達の様子や気になることなどを話したり、
お便りに書くということが必要です。

いつでも保護者の方の不安を聞けるような、
そんな雰囲気も必要となってきますね。

 

メモ帳を使って保護者とのすれ違いや誤解を
未然に防ぐことも役に立ちます。

「分からないことや気になることは、いつでも聞いてくださいね」
という一言を添えるだけでも、保護者の安心感は違ってきますよ。

 

注意していても、クレームやトラブルが起きることはあるものです。
そんな時にも、冷静かつ誠実に対応していくことが大切です。

相手の言うことを真撃に受け止めていれば、
クレーム対応がスムーズに進むこともあります。

 

・会話の内容をメモする
・無理な要求には応じないこと
・憶測で話さないこと
・安易な約束をしないこと
・まずは相手の話を聞くこと
・事実確認を行い誤解を解く説明をすること
・複数人での対応も考えておくこと

このようなことが、クレーム対応ではとても重要になってきますよ。

 

 

保育園の看護師は大変?

iuwejrk

iuwejrk

保育園に来る子どもは、自宅で親と過ごす時間よりも、
保育園で過ごす時間の方が多いですよね。

ということは、保育園での生活は
とても大切な意味を持つものだということです。

 

ですが、保育園で働く看護師は、多くの場合1人となっています。

0歳児から就学する前までの子ども達の健康を管理し、
安全に過ごすことが出来る様な看護や保健衛生の仕事を行っていくので、
責任も重大なものとなります。

 

子どもたち一人一人の事を知っていなくては、
小さな変化に気づくことが出来ませんし、信頼も得られません。

ですから、出来るだけ多くの時間を子ども達と過ごす必要があるんです。

 

もちろん他のスタッフとの連携や協力も大切です。
保育士だけではどうしても手がまわらないような所を手伝ったりします。

食事やトイレ、オムツ交換などは、人手が多いと助かるものです。

 

その他にも、アトピーの子どもに薬を塗布したり、
薬を飲む必要がある子どもに薬を飲ませたり、

救急バッグを持って走るという役割はもちろん、
保護者の方の相談にのったり保健便りを発行するという役割もあります。

 

ずっと保健室で待機しているわけではなく、
保育園全体を常に動き回っているような感じなんですね。

1日の流れとしては、

【午前】・0歳児の沐浴 ・子ども達と遊ぶ ・着替えを手伝う ・保健便りの作成 などを行う。
【お昼】・園児とご飯を食べる ・投薬を行う ・休憩
【午後】・クラスの見回り ・昼寝の後の検温 ・記録をつける ・延長保育の子ども達と遊ぶ などを行う。

このように、1日があっという間に過ぎてしまうんですね。

 

 

保育園での看護師の役割

iwuehfjksf

iwuehfjksf

看護師は看護をすることのプロであり、
保育のプロではありませんよね。

ですから、保育に関して特に専門的な勉強を行ったという方は
ほとんどおられないと思います。

 

どんな生活習慣を身につける指導を行うのか、
養育の仕方はどのようなものかという事も、
保育士に比べると知識不足となります。

ですが、看護師は看護のプロです。
感染症の防ぎ方や様々な医療知識、怪我や病気をした場合の対処方法
などに関して、看護の専門的知識が高いのが看護師です。

 

保育士は保育のプロ、看護師は看護のプロとして、
その専門的知識を活用していくことが、
看護師に求められていることなんですね。

主に、生活習慣を身につける指導を行えるようになるのは、
2歳児以上のクラスです。

 

看護師はその2歳児ではなく、
0歳児や1歳児のクラスでの仕事を行う事が多いですよね。

特に0歳児は、少しの環境の変化によって体調を崩してしまったり、
感染症などが広まりやすいという特徴があるクラスです。

 

看護師が0歳児や1歳児などの乳幼児クラスで仕事を行う事になるのは、
そのような理由があるんです。

保育のプロの知識というよりは、
看護のプロの知識が必要となってくるクラスなんですね。

 

看護師がいてくれると安心できたり、
心強いと感じるクラスを担当しているということなんです。

同じように命を預かる仕事でも、
保育士と看護師の専門性の違いを活かした仕事を
行っていく必要があるんですね。

 

 

保育園での看護師と保育士の違いは?

mncjushuf

mncjushuf

保育園のメインスタッフは、看護師ではなく保育士ですよね。

もちろん看護師も、保育士と同じように子ども達の保育を行い
関わっていくことがあると思いますが、
保育士のように仕事をこなしていくのは難しいですよね。

 

看護師が医療従事者として看護のプロであるために
教育を受けて勉強を行ってきたように、
保育士も保育のプロとしての勉強を行ってきていますので、当然のことです。

ですから、保育士の仕事は看護師とは異なっていて当たり前です。

 

では、保育士はどのような仕事を行っていくのか、
その保育士と一緒に働く看護師は、
どのような役割を担っていくのかという部分を見ていきましょう。

そもそも保育士とはどのような仕事を指すのでしょうか。
辞典にある保育という単語では、
「乳幼児を保護し育てること」となっています。

 

つまり、保育士は、乳幼児を保護して育てていくことも
プロフェッショナルであるということですよね。

その仕事内容は、保育園で安全に生活出来る様にしたり、
生活習慣を身につける指導を行ったりする事などがあります。

 

保育園に通う園児達が、健康で穏やかに成長していけるように、
その手助けをするのが保育士の役割です。

ただ保育していくというだけでなく、
保護者の方から、乳幼児達の命を託され、その養育を託されている
という責任のある仕事。それが保育園の保育士なんですね。

 

 

保育園の種類【認可外保育園・病児保育園・認定こども園】

weuhruisf

weuhruisf

認可外保育園は、都道府県が認可していない状態ですが、
運営をしている保育園のことを言います。

この認可外保育園は、数が少ない認可保育園の受け皿として
成り立っているんですね。

 

そんな認可外保育園は、規模や設備などといったものも様々となっており、
規模が小さい場合には、職員配置も少なく、
看護師も積極的に保育に携わることになります。

ですが、反対に設備や施設が充実している認可外保育園は、
独自の運営や保育スタイルを持っている場合があります。

 

看護師を採用することで、
付加価値を高くしようと考える保育園もあるんですよ。

病児保育園は、子ども達の病中や病後に、
保護者が何らかの理由で日中の保育を行う事が困難となっている場合に、
その子ども達を預かるという保育園です。

 

病院内に設置されている場合も多く、
そこに勤務する看護師の役割はとても大切なものとなります。

 

認定こども園は、幼稚園と保育園の両方を併せ持っている保育園です。

元々、幼稚園としてあったのか、保育園としてあったのかという点で、
その保育園の考え方は大きく違っています。

 

この認定こども園自体が、まだ新しい状態ですので、
看護師がどのような関わりを行っていくのかという事については、
まだしっかりと分からないような状態です。

 

 

保育園の種類【認可保育園】

aaauihruf

aaauihruf

保育園を大きく分けてみると、
認可保育園と認可外保育園があります。

都市部では、認証保育園や託児所などの保育施設もありますよね。

 

平成27年度から、幼稚園と保育園の機能を持った
認定こども園という施設もありますね。

病時保育を行っている病時保育園もあります。

 

お子さんがおられない方にとっては、
こんなにも多くの種類の保育園があるのは、驚く点かもしれません。

保育園で働きたいと思う看護師はとても多くおられますよね。
ですが、このような種類によって、お給料や待遇、
仕事内容までが大きく変わってくることになります。

 

このような点は注意が必要ですね。

認可保育園とは、都道府県が認可している保育園です。
児童福祉法によって保育所の最低基準を満たしている保育園なんですね。

 

ですから、規模が大きい保育園が多く、設備なども整っているので、
看護師を保育園に配置することが多くなっています。

運営母体は地方自治体や社会福祉法人ですので、
経営自体が安定しているんですね。

 

経営が安定しているということは、給料もしっかりと支払われますし、
働きやすい保育園だと言えますね。

 

 

待遇の良さを見極める方法

mnfusguf

mnfusguf

保育園でメインとなるのは、はやり保育士ですよね。

では看護師はというと、保育園に通う園児やそこで働く保育士が、
健康で安全な生活を送ることが出来る様に、
健康管理を初め、感染症の予防などを行っていく仕事ですよね。

 

そのような仕事を行うとなれば、
看護師は少し特殊な立ち位置とも言えます。

病棟看護師と同じように、保育園は女性が多く働く職場です。

 

そのような女性が多い中で、仕事仲間として助け合ったり
一緒に働いていくことが出来るのかどうかという点は、とても大切ですよね。

仲良くしてもらえずに、仲間はずれにされてしまうような保育園は、
待遇の良い職場ではありません。

 

保育園で勤務するスタッフは、保育士だけではありません。
栄養士や調理師、事務員の方など、多くの方が勤務しています。

それぞれのスタッフが生き生きと仕事をしているのかどうかという部分も、
看護師が保育園で勤務する際に重要視すべき点なんですね。

 

保育士だけの待遇がよく、
栄養士などの待遇は悪いという保育園などであれば、
看護師の待遇も悪い場合が多くあります。

スタッフ全員が楽しく生き生きと働いている保育園であれば、
看護師の待遇も良い中で働く事が出来ますよ

 

職場見学をさせてもらえるとなった際には、
このような部分も見ておくことが大切です。

 

 

待遇が悪い保育園とは?

aihjriuhg

aihjriuhg

保育園で看護師として働く場合に、よくこんなことを聞きます。
「看護師として採用されたはずなのに、保育補助を行うようになっている」
「看護師の仕事が出来ない」このような話があります。

実際に保育園で勤務する場合には、
保育士の資格があるにこしたことはありませんが、
無くても勤務することが出来ますよね。

 

保育補助として保育の仕事を行う事も出来ます。
看護師の場合には、0歳児や1歳児のクラスで保育補助を行う事もあります。

ですが、保育補助を行う為に採用されたのではなく、
看護師として採用されたはずです。

 

もちろん保育補助の仕事を行うことは構わないとしても、
本来の看護師としての仕事をさせてもらえないような保育園は、
待遇が良いとは言えませんよね。

実は、長年保育士として働いている方の中には、
簡単な医療行為なら出来るし、看護師が居る理由がわからない
という方もおられるんですね。

 

そのような保育士さんが多く勤務している保育園では、
看護師が勤務するのは気を遣うことも多く、
苦労が多い職場になっています。

看護師が行う医療行為は、医師の指示がないと出来ませんよね。
それを、そのような資格を持っていない保育士が行う
という事も実際にあるんですね。

 

保育士の方から、「私が出来るから別の事をして」と
看護師の業務をさせてもらえないという事があると、

そのような保育士さんのいる職場では、
看護師の待遇はよくないと言えますよね。

 

 

子供好きに朗報!保育園ナースの求人最新情報

njdhfhuhe

子供が好きである事が第一条件

ncsxbc

保育園で求められている看護師は、
第一に子供が好きだという事です。

求人内容を取ってみても、
まずは子供が好きかという事が挙げられています。

 

子供の他に、先生や保護者とのコミュニケーションを取る事も
必要ですので、トラブルを起こさずに柔軟性があり、
保護者に対して丁寧に対応できる人が求められています。

保育園や小児科での勤務経験がない方でも、
看護師としての知識や経験、
やる気があれば採用してくれるケースは多いです。

 

 

重要視されるのは体力と知識

子供達の健康管理や、急な怪我や発熱などの応急措置、
歯磨きや手洗いなどの指導、
保護者からの健康や体調に関する相談などが主な仕事です。

子供はいつどんな怪我や病気になるかが予測出来ないので、
何事にも臨機応変に対応する方が求められています。

 

どんな職場でもそうですが、
明るくてコミュニケーション能力が高く、
仕事に真摯に取り込んでいる人は評価が高い傾向です。

子供が好きで、毎日一緒にいても飽きず、
夜勤がなくて日勤のみ、土日祝日は休みという職場ですので、

 

子供好きであれば病院と比べてプラスの価値は
あると思いますが、子供特有の感染症の知識や、
ノロウイルスやインフルエンザが流行り易い職場でもあります。

よって体力と知識がかなり求められます。

 

 

保育園での求人が注目される訳

njdhfhuhe

看護師の資格を持っている方の多くは病院で職を探しますが、
実は、その求人は病院からのものだけではありません。

近年注目を集めているのが、保育園における求人です。

 

なぜなら、小さな子ども達の学習だけでなく、
日常生活のサポートのほか、
急に体調を崩した時のケアも必要だからです。

小さな子どもというのは、朝は元気でも、
午後には急に体調を崩して熱を出したりすることがあります。
腹痛や下痢などの症状を伴うこともあります。

 

こういった時に先生方だけでは、
充分な手当が難しい
ほか、今目の前で起こっている現象が、
どの程度の緊急性を有しているかといった状況判断が下せません。

そのため、保育園の現場には
看護師さんが居ることが望ましいのです。

 

 

小児科の勤務経験は必要なし

資格や経験の観点からは、必ずしも小児科の勤務経験が
なければならないということはありませんし、

子どもを育てた経験のある人でなければならない
ということもありません。

 

子どもが好きな方に向いているということはありますが、
あとはやる気と熱意、誠意と真面目さ

そして、健康維持や基本的な病気に関する知識があれば、
資格さえあれば現場から大いに歓迎されます。

 

夜勤や変則勤務がないという点では、
勤務環境の面で、病院より恵まれている部分もあります。